保険仲介の女性

リスク

保険が必要でない人は、人間であればまずいません。
一生病気をしない人や、一生ケガをしない人はまれです。
そして、病気やケガのリスクは誰にでもあり、誰にでもあるからこそ保険に加入する必要があるのです。

もし、病気やケガをしなかったとしても、人間であればいずれ生命を閉じる瞬間が訪れます。
生命を閉じる瞬間は、早いか遅いかだけで、すべての人に訪れます。
ただ、そのタイミングによっては、遺された家族に多大な負担がかかってしまうこともあります。
そういった時のために備えておくのが保険であり、保険というのは、すべての人に関わりがあることなのです。

また、公的保障や企業保障もありますが、これらの保障では万一の時に不十分ということがあります。
最低限をカバーするだけでは不安という場合は、自分で別の保険に加入しておかないといけません。
自分で備えをしておくことで、未来の自分や家族を助けることができるのです。

保険は、色々な人が助けあって成り立っている仕組みです。
いつ誰に病気や死が訪れるかわからないので、みんなで少しずつお金を出し合って、共有の財産を作っておきます。
そして、誰かに何かが起こった時は、その共有財産から必要な人に対して保険金が支払われます。
このように、リスクに対して備えをしておくことによって、安心して生活を送っていくことができるのです。
このように、リスクに対して備えをしておくことによって、安心して生活を送っていくことができるのです。

話題の質問

加入しているのに

数年前に、やたらと保険のセールスの電話が鳴る時期がありました。ただ、自分もうすうす必要性を感じていたので、その時は一番対応の良かったところで加入を決めました。それから数年が経ち、再びセールスの電話が多くなってき…

詳細を見る

20代ですが

会社の同僚と、保険の話になりました。まだ若いので必要ないと思っているのですが、親には加入しておいた方がいいと言われています。ただ、正直言って、今の給料では保険料を払っていくのがけっこう辛いです。それでも、社会人…

詳細を見る